上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日はおだやかな良い天気

花に水をやっているとあたしにも!って顔を出してきて、花の水を横取り

お皿からしか飲めないお嬢のNanaと違って水はお皿で飲むより流れている方が好きなタイプ

IMGP6983.jpg

おさんぽの後は庭の水道へ直行
汗ばむほどの陽気でしたからね

おいしそうにごっくごっくしていました


このごろ聞き分けの良いハーブ
待つことができるようになったハーブ
今日はNanaとハーブ一緒にお昼の散歩中
Nanaがツーし始めると
ダウンして待っている
具合悪いわけじゃないよね~。
朝も起こされなくなりました。

楽になってきたなーと思うとお別れが近づいてくる。
最初からずーっと楽な子はいいな~って大変な時は思うけど、やがてこうして落ち着いてくると、お別れの寂しさも迫ってくる。

ハーブはまだまだつぼみ
センターに入学してからどんな花を咲かせるのかな?
愛される子になりますようにっていっぱいいっぱい水をあげてきたつもりだけど

IMGP6971.jpg

今日の青空は気持ちよかったね
スポンサーサイト
2008.04.23 / Top↑
IMGP6946.jpg

今日はパピーとふれあいのコーナーですこしだけお仕事らしくしていたハーブです
でも、このコーナーを訪れた方々は「子犬はどこですか?」「どこで見られるんですか?」と
あのー、このこもパピーなんですけど・・・・。
やっぱり子犬っていうとまだほんとに小さくてかわいい子犬を想像しますもんね。

人気のあったのは
やっぱりNanaの方でした。動かないから

夜はシャンプーしておつかれ~のハーブ


Nanaにぴとってくっついてねていました。
こうして頭と頭をくっつけているとなんだか気持ちいいよね。


2008.04.21 / Top↑
今日は私的な記録です
暗いので読み飛ばしてください
私は暗い気持ちじゃないんですが、読む方を不快にさせたら申し訳ありませんから

ぜーーんぜんっ
って方は読んでいただけたら






火曜日から続いたNanaの介護がようやく終わった

今回は初の3ヶ月ぶりという記録に喜んで、このままずーっと発作がないんじゃないか、もうなおったんじゃないかって気になっていたけど、やっぱり発作は起きた

そして、期間があくといつもそうだけど回数が多くなって結局1ヶ月に1回のときより多かった

4日間で6回

だんだん徘徊がひどくなり、壁や本棚にぶつかり、部屋の隅で行き詰まる
発作中の失禁だけでなくお部屋の中でのおらしも増え、

おばーちゃん、だいじょ~ぶ~の状態から

今日はだいぶふだんのNanaに戻ってきた
もう終わりらしい

薬で抑えても間隔をのばすだけで、結局決まった回数があってそれをこなすまでは収まらないような感じ

3歳なのでまだまだ介護の歳ではないはずだけど

ひどいときには抱いていないと部屋の中をぶつかりながら歩きっぱなし
椅子の脚にひっかかって動けなくなっていたり、水のお皿に足をいれてしまったり、きっと徘徊中は目が見えていないのだろう
呼んでも反応ないし

だんだんこちらも慣れてきて、いちばんひどかった時の発作記録(24回)をこえなければ、まだ冷静に介護できるので
慣れってすごい
最近発作の時の手際もよくなった
一日に何回も床を拭くからかえって床が普段よりきれいなくらい

あと何年介護するのかなぁ
10年は生きられると思う私と5年じゃないのという夫(一応獣医)

ま、今までの記録では長くて1週間の介護生活
本格的な老後への練習か?

PWだけしていたらきっと味わえないこの気持ち
Nanaがテンカンをもってウチに来たのにはなにかわけがあるんでしょうね
2008.04.19 / Top↑

きょうは久しぶりにセンターに一日保育をお願いしました。
私が月に一度は仕事で一日家を空けるので。

夕方迎えに行くと、事務所で大人しくしていたのでしょう。リードもカラーも付けずに訓練士さんと出てきました。
いつもはここで感動の再会!

だーっと走ってくるハーブ。

まってたのー?っと嬉しい母。

が、今日はだーっと走っていった先に

センターのちゃんたちがのんびりとお庭を散歩していたのです。

ハーブは猫ちゃん達をあっちへこっちへ追いかけては逃げられ(当たり前!)
にげられた~
と戻ってくるのですが、またすぐに追いかけて行ってしまい、木の上に逃げたねこを見上げて
ワンワン!
まるで漫画です。

戻ってくるから大丈夫でしょう。
と笑いながら見ている訓練士さん

まだまだパピーですねぇ。



2008.04.14 / Top↑
盲導犬センターのFさんからお手紙をいただきました。

わたしたちがずーっと、どーかなぁ?慣れたかなぁ?って気をもんでいたジャスミンのことで。

ジャスミンは1月28日からユーザーさんと共同訓練に入り、2週間の訓練を終えて2月10日ごろから盲導犬として新しい生活に入りました。

それは待ちに待った嬉しい知らせでしたが、それでも慣れるまでの2ヶ月は様子を見ると担当の訓練士さんから聞いて、ユーザーさんとどんな感じでやっているのかちょっと心配していました。
だれにでもすぐに甘えるという感じのこじゃなかったからなぁ・・・。

でも、手紙のなかにはこんなかわいい写真

IMGP6928.jpg


獣医さんで診察券をつくるときに撮って余った写真を下さったそうです。
手紙によると、ジャスミンは家の中ではすっかりユーザーさんに甘えて大切にされている様子。
ほんとうに、ほんとうに嬉しいです。

DSCF0118.jpg

共同訓練に入る前に面会させてもらったときの写真
DSCF0122.jpg


ボールで遊んだり大好きなひぱりっこをしたり。

大好きなジャスミン。最後の送り出しでした。
これからも健康を祈っているよ。
2008.04.09 / Top↑
IMGP6867.jpg


盲学校の桜もきれいに咲いていました。
盲導犬センターのフリーランの前にひとりフリーランを楽しんでしまいました。

IMGP6908.jpg

H胎の三色団子はあいかわらず。おもちゃを取り合って仲良く遊んでいます。ときどきヒートアップしすぎてしまうところが、まだまだこどもって感じのかわいい兄妹?姉弟?

そしてハーブとそっくりきょうだいのハルクくん。思わず間違えてしまいました。

IMGP6904.jpg


ハルクくんはスリッパをくわえてこどもたちと鬼ごっこ。
でも訓練士さんに「スリッパはメッ!」って取り上げられて
「わかってるんだけどさー、ちょっとあそんでやったんだよ」って顔していました。
本当にハルクくんはちゃんとわかって遊んでくれていたんです。ありがとね。ハルクくん。
2008.04.06 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。